長期投資シミュレーションツール『Tousimu』をリリースしました!

【解答付き】paizaスキルチェック見本問題「文字の一致(Dランク)」を解説!

プログラミング
スポンサーリンク

この記事では

プログラミング学習サービスpaizaラーニング

スキルチェックレベルアップ問題集をわかりやすく解説します!

プログラミング言語はpythonです。

今回はDランク相当の以下の問題を解説します。

他のレベルアップ問題集の解答と解説も紹介しているのでぜひご参考ください!

またpaizaの各ランクの攻略法は

こちらで詳しく紹介しているので、ぜひご参考ください!

スポンサーリンク

文字の一致 (paizaランク D 相当)の解答と解説

今回の問題は「文字の一致 (paizaランク D 相当)」です。

問題はこちらからご確認ください。

文字の一致 (paizaランク D 相当)

この問題を解くのに必要な知識は3つです。

必要な知識
  • 改行区切りの入力を受け取る
  • 文字列の一致を判定
  • 結果を出力

それぞれ解説します。

改行区切りの入力を受け取る

まずは「改行区切りの入力を受け取る」です。

今回の問題では入力の数が2つに固定されているため

変数を2つ用意し、input関数を使って入力を受け取ります。

# 1つ目の入力を受け取る
a = input()
# 2つ目の入力を受け取る
b = input()

入力の方法については、こちらをご参考ください!

文字列の一致を判定

次は「文字列の一致を判定」です。

if else文を使って「2つの値が等しいか」で処理を条件分岐します。

2つの値が等しいかは==を使って条件を課します。

# 1つ目の入力を受け取る
a = input()
# 2つ目の入力を受け取る
b = input()

# 2つの文字列が一致している場合
if a == b:
    # 一致している時の処理
# 2つの文字列が異なる場合
else:
    # 異なっている時の処理

if文についてはこちらをご参考ください!

結果を出力

最後は「結果を出力」です。

一致しているかどうか判断した結果をprint関数を使って出力します。

# 2つの文字列が一致している場合
if a == b:
    # 'OK'と出力
    print("OK")
# 2つの文字列が異なる場合
else:
    # 'NG'と出力
    print("NG")

出力の方法についてはこちらをご参考ください!

文字の一致 (paizaランク D 相当)の解答

まとめると「文字の一致 (paizaランク D 相当)」の解答は以下です。

# 1つ目の入力を受け取る
a = input()
# 2つ目の入力を受け取る
b = input()

# 2つの文字列が一致している場合
if a == b:
    # 'OK'と出力
    print("OK")
# 2つの文字列が異なる場合
else:
    # 'NG'と出力
    print("NG")

if文を使う問題のため、最初は少し戸惑うかも知れませんが

結果的には非常にシンプルなコードです。

ぜひご参考ください!

スポンサーリンク

まとめ

今回はpaizaのスキルチェックのレベルアップ問題集の中で

  • 文字の一致 (paizaランク D 相当)

の解答と解説を紹介しました。

Dランクの問題のため、非常に簡単ではありますが

高ランクの問題で必要になる知識が豊富に含まれています。

しっかりと理解しランクアップを目指していきましょう!

また他の問題についての解説も、ぜひご参考ください!

タイトルとURLをコピーしました