長期投資シミュレーションツール『Tousimu』をリリースしました!

【支出最適化】電気代を抑えるなら基本料金0円のLooopでんきがおすすめ!

節約&投資
スポンサーリンク

この記事では

毎月の電気代が1500円程度の私が

電気代を抑えるために利用している電力会社

Looopでんきのメリットをご紹介します!

「電力会社を変更したいけど、どの会社を選べばいいかわからない・・・」

「楽に電気代を押さえる方法を知りたい!」

という方はぜひご参考ください!

他の節約方法やおすすめサービスはこちらをご参考ください!

支出を最適化した後は投資にお金を使うのがおすすめです!

私が実践している高配当株投資については、こちらをご参考ください!

スポンサーリンク

【電力自由化】電気代を抑えるなら電力会社選びが大切

まずはLooopでんきをご紹介する前に

「なぜ電気代を抑えるために電力会社を選ぶ必要があるか」

をご説明します!

電力自由化により好きな電力会社と契約できる!

ご存知の方も多いかと思いますが

2016年の電力自由化によって

好きな電力会社と契約できるようになりました!

現在では地域ごとに数多くの電力会社と存在し

例えば東京電力のエリアである関東・甲信越では

60社の中から電力会社を選択できます!

電力会社を変えて、電気の質が変わったりしないの?

電力会社を変えても、これまでと同じ送電網を使用しているため

電気の品質が変わることはありません。

電力会社を変えるだけで電気代を節約できる!

ではなぜ電力会社を変える必要があるのでしょうか?

それは電気代を抑えるためです!

各電力会社はそれぞれ異なる料金プランを用意しているため

自分に合ったお得な電力会社と契約することで

これまでとまったく同じ品質の電気を使いながら電気代を抑えられます!

おすすめの電力会社はLooopでんき(私も利用しています)

何十社もある中からお得な会社なんて選べないよ・・・

しかし何十社もある中から

自分に合ったお得な会社を選ぶのは大変かと思います。

そんな方におすすめな電力会社が

私が利用しているLooopでんきです!

では以下でLooopでんきのメリットをご紹介します!

スポンサーリンク

Looopでんきの3つのメリット

まずは「Looopでんきの3つのメリット」をご紹介します!

基本料金が0円

まずは「基本料金が0円」です!

通常、毎月の電気代のほとんどは

  • 毎月固定の基本料金
  • 電気を使った分だけかかる従量料金

の2つで決まります。

例えば東京電力のスタンダードSプラン(30A)で80kWh使用した場合

  • 基本料金:858円
  • 従量料金:1,590円

で合計が2,448円です。

しかし同じ条件でLooopでんきのおうちプランの場合

  • 基本料金:0円
  • 従量料金:2,112円

で合計が2,112円となり、東京電力の場合よりも336円安くなります。

特に毎月の電気使用量が少ない人ほど

基本料金が占める割合が大きくなるため、Looopでんきの方がお得です!

シンプルな料金プラン

次は「シンプルな料金プラン」です。

上記で述べた通り、毎月の電気代のほとんどは

  • 毎月固定の基本料金
  • 電気を使った分だけかかる従量料金

の2つで決まります。

そして従量料金は多くの場合、

毎月の電気使用量によって単価が変化します。

例えば、東京電力のスタンダードSプラン(30A)の従量料金は

  • 120kWh以下は19.88円/kWh
  • 121kWh以上300kWh以下は26.46円/kWh
  • 301kWh以上は30.57円/kWh

のように3段階に分けられます。

対してLooopでんきの従量料金は

電気使用量に依らず26.4円/kWhと非常にシンプル

さらに基本料金も0円なので分かりやすい料金プランです!

Looopでんき+ガスで電気代が2%引き

最後は「Looopでんき+ガスで電気代が2%引き」です。

Looopでんきは電気だけでなくガスのサービスも提供しています。

LooopガスLooopでんきと同様に以下のような

  • 基本料金は1,000円
  • 従量料金は128円/㎥

シンプルな料金プランが特徴です。

さらにLooopでんきとセットでの申込みで電気代が2%引き!

ただしLooopガスの基本料金は他社に比べると割高なため

ガス使用量の少ない方は他のガス会社の方がおすすめです!

スポンサーリンク

Looopでんきがお得になる条件

最後に「Looopでんきがお得になる条件」をご紹介します!

契約アンペア数が30A以上

まずは「契約アンペア数が30A以上」です。

東京電力のスタンダードSプランと比較した場合

契約アンペア数が30A以上であれば

毎月の使用量に依らずLooopでんきの方がお得です!

毎月の使用量が60kWh以下か390kWh以上

次は「毎月の使用量が60kWh以下か390kWh以上」です。

東京電力のスタンダードSプランと比較した場合

毎月の使用量が60kWh以下か390kWh以上であれば

契約アンペア数に依らずLooopでんきの方がお得です!

上記以外の場合

最後に「上記以外の場合」です。

東京電力のスタンダードSプランと比較すると

契約アンペア数が30Aよりも小さい場合は

電気使用量によってはLooopでんきのほうがお得です!

具体的には

  • 契約アンペア数が15Aなら、60kWh以下か390kWh以上
  • 契約アンペア数が20Aなら、80kWh以下か350kWh以上
  • 契約アンペア数が25Aなら、100kWh以下か320kWh以上

の場合Looopでんきがお得になります!

もっと詳しく知りたい方は

ぜひLooopでんきの公式サイトで

電気代をシュミレーションしてみてください!

スポンサーリンク

まとめ

今回はおすすめの電力会社Looopでんきについて

  • 電気代を抑えるために電力会社選びが大切な理由
  • Looopでんきの3つのメリット
  • Looopでんきがお得になる条件

という流れでご紹介しました!

Looopでんきのメリットはなんといっても基本料金が0円な点です。

そのため私と同じように

一人暮らしでさらに電気使用量が少ない方は

電力会社をLooopでんきに乗り換えることで

電気代を抑えられるかもしれません!

「電気代を抑えたい!」という方は、

一度公式サイトでシュミレーションしてみは如何でしょうか?

他の節約方法やおすすめサービスはこちらをご参考ください!

支出を最適化した後は投資にお金を使うのがおすすめです!

私が実践している高配当株投資については、こちらをご参考ください!

タイトルとURLをコピーしました